TOP » 明石市で注文住宅を建てる時の注意点【業者選び~土地探し】

明石市で注文住宅を建てる時の注意点【業者選び~土地探し】

マイホームを建てることを決めたら、まず足を運ぶのは住宅展示場だという人は多いでしょう。モデルハウスを見るといろいろなアイディアがふくらんで楽しい気分になります。どんな条件でどんな家を建てたいか、またハウスメーカーや工務店はどの業者に依頼するかといった点が失敗しないための家づくりにおいて重要になってきます。

注文住宅を建てる人の業者の選び方と注意点

土地探しは、法的な知識と根気が必要な作業です。専門家の力をうまく活用して、自分にとっていい土地を探したいものですね。ただし、不動産会社と言っても、得意分野はそれぞれです。業者の選び方のポイントや注意点を紹介します。

業者の選び方

探している地域の不動産会社に行く

行きやすいのは、自宅近くの不動産会社です。しかし、町ごとの相場観や地域の情報、新規物件の情報に詳しいのは現地の不動産会社。地域情報に強い現地の不動産会社に足を運びましょう。

不動産会社は最低2社回る

不動産会社はレインズというネットワークシステムを通して物件の売買をしているので、不動産会社が持っている情報は基本的にどこも同じです。しかし、レインズに登録される前の情報を持っている会社もありますので、地場の業者と大手などタイプの違う業者とコミュニケーションをとっておくのがよいでしょう。ただし多くの業者に訪問したからといってよい物件と出会えるわけではありません。

業者の信用力を見極める

免許番号の頭についている数字が大きければ長く営業を続けていることになるので、少なくともそこはチェックしましょう。ネット上の口コミや行政処分がなかったどうかも合わせて確認しておくと安心です。

業者選びで注意すべき点

専門業者の違いをチェック

注文住宅を建てる時にどの業者に任せるかにも注意が必要です。専門業者のなかでも、さまざまなタイプがあるので紹介します。

  • 大手ハウスメーカー
  • 知名度と実績があるため、情報が集めやすく、信頼度も高い。最新の建築技術も積極的に取り入れているというメリットも。ただし設計や施工面で制約がある場合も多く、価格が割高になりがちというデメリットも考慮すべき。

  • 工務店/建設会社
  • 地域に密着しており、完成物件の見学も比較的容易。サービスも細やかで、自由度の高い家づくりに励んでくれるというメリット有。ただし最新の技術に疎いというデメリットがある場合も。また小さく実績に乏しい会社は倒産の心配もあるので、事前によく調査を。

  • 建築設計事務所
  • 施主の希望やこだわりを、住宅づくりに最大限反映してくれるというメリットがすべて。ただ費用が割高だったり、設計士と相性が合わないゆえに、進行が滞る可能性も。また実際の施工は別会社に委ねることとなるので、管理やアフターケアが行き届きにくいというデメリットが考えられる。

専門業者の特徴として見るべきポイント

  • 施工の自由度
  • 各社によってある程度決まった設計パターンから希望の設備を追加するシステムや、間取りや資材などの希望や仕様をすべてフリープランで選べるかといった点に注目です。

  • デザイン力
  • 希望のテイストや理想とするデザインイメージを実現できるかどうかチェック。各社によって得意とするテイストが違うため、施工事例やモデルハウス、カタログやHPで確認しましょう。

  • 安全性
  • 耐震性/省エネルギー性/劣化対策/維持管理の容易性など、注文住宅に求めたい性能について、希望要望に対応できるか、標準設備や全戸対応など事前に安全性の高い家づくりができる業者を選びましょう。

  • アフターケア
  • 引渡し後のメンテナンス制度についても、厳しく他社と比較しましょう。保証の長さや有償・無償の範囲などもしっかりと確認し、検討項目に加えましょう。

注文住宅を建てる土地の探し方と注意点

注文住宅を建てるには、土地がないと始まりません。兵庫県北部の人であれば、先祖代々の土地を持っている人が多いようですが、神戸市から姫路市エリアでそのような土地を持っている人は稀なケース。そのため、家を建てる時には土地探しから始める人が大半です。土地選びと業者選びのポイントを紹介します。

「いい土地」の条件は一人一人異なる?!

「安くていい土地が欲しい」というのは誰もが思うこと。しかし、一般的にいい土地と言われている場所は、多くの場合、予算オーバーしてしまうものです。そこで、考えなければならないのは新しい生活を具体的にイメージして「敷地条件」「立地条件」「環境」の3つから自分たちが優先するものを洗い出してみることです。一般的なポイントには次のようなものがあります。

敷地

  • 駐車場に何台車を置きたいか
  • 庭のスペースはどれくらい欲しいか
  • 1階部分の広さは

立地

  • 敷地の前の道幅は重視するか
  • 駅から歩いて何分が許容範囲か
  • 買い物は毎日するか、週末にまとめてするか

環境

  • 静けさをどれくらい重視するか
  • 子育てに関して近所に同世代の子どもが多い方がいいか
  • 公園は子どもが歩いて行けるところにあった方がいいか
  • 新しい街がいいか、近所づきあいのある古い街がいいか

これらのポイントをどの程度重視するかを夫婦で話し合ってみると、いい土地の条件が見えてくるはずです。

土地探しには2つのパターンが

土地を購入する場合は、大きく分けると建売住宅、分譲住宅のように土地と建物をセットで購入するケースと土地を購入してから建物を建てる場合の2つがあります。土地と建物がセットの場合は、手続きが簡単で計画を立てやすいメリットがある反面、出来上がっている家に自分たちの生活を合わせなければいけないというデメリットがあります。一方、土地と建物を別々に購入する場合はそれぞれに労力と時間をかけ、手続きも煩雑になりますが、マイホームを建てるのに妥協したくない人にはおすすめしたい方法です。

以上のポイントをふまえて、営業スタイルが自分に合っているところを探してみてくださいね。