TOP » 【明石市編】注文住宅で失敗&後悔しないための 5つのポイント » 費用内訳

費用内訳

注文住宅の建設にかかる費用

家を建てるときには、全体でいくらぐらいの費用がかかるのか?これを把握していないと予算組みができませんね。家本体だけでも土地代、設計費、工事費の費用がかかります。以下に兵庫県明石市で注文住宅づくりを行う場合の費用例を紹介いたしますので、チェックしてください。

費用の割合

本体工事費用 総費用の75%~80%
付帯工事費用 本体工事費用の15%~20%
諸費用 建築工事費(本体工事費用の5%~10%)

費用の一例

参考例として、明石市で30坪の土地に本体費用が1500万円の注文住宅を作るとした場合の内訳を紹介します。

  • 坪単価・・・38.7万円 ※2017年現在
  • 土地代・・・約1200万円
  • 設計料・・・約120万円
  • 工事費・・・約1950万円
  • (本体工事費=1500万円、付帯工事費=約300万円、諸費用=約150万)

  • 合計金額 約3270万円

工事費

その他に、引っ越し費用や仮住まい費用、家具購入費用などを考えると少なくとも3500万円は用立てておきたいところです。

諸費用の内訳

土地と家のお金とは別に、結構かかってしまうのが諸費用。諸費用には、各種税金や住宅ローンなどの手続き料、地震保険や火災保険などの保険料、引っ越しや家具、家電の購入費用などもあります。特に大きい出費となるのは、仲介手数料。基本的に現金で支払う必要のあるお金ばかりなので、現金はしっかりと準備しておくのが安心です。具体的な内訳を以下のとおり、まとめました。

  • 登記手数料
  • 土地や不動産の所有者を登記簿に記載し、所有権を得るための手数料

  • 住宅ローン保証料
  • 金融機関が住宅ローン返済のために、信用保証会社からの保証をつけます

  • 物件検査手数料
  • 住宅が、国の建築基準に違反していないか調査するための検査費用

  • 仲介手数料
  • 仲介業者で注文住宅を建てた場合に支払う手数料

  • 印紙税
  • 売買契約書と工事請負契約書を作成するための印紙代

  • 消費税
  • 2019年10月から10%になる予定です

  • 登録免許税
  • 不動産取得で登記をしたときにかかる税金。登記手数料とは別に国に支払う

  • 固定資産税・都市計画税
  • 住宅の所有者が毎年支払う地方税

  • 不動産取得税
  • 不動産を取得した際に、都道府県に支払う都道府県税

  • 仮住まい費用
  • 引き渡しまでに住むアパートの家賃や光熱費

  • 引っ越し・家具購入費
  • 完成した家に住むための家具、家電の購入費

  • 予備費用
  • 想定外の事態が起きた場合に備えての予備費用