TOP » 【明石市編】注文住宅で失敗&後悔しないための 5つのポイント » 住宅ローン

住宅ローン

自分にあった金融機関を探そう

現金で一括支払いができる場合は別ですが、ほとんどの人は注文住宅を購入するとき、住宅ローンを活用すると思います。住宅ローンはマイカーローンなどの他のローンと比べて、金利が低く抑えられていて、返済期間の多くは35年までと長いのが特徴です。住宅ローンの取り扱いは、普通銀行・信託銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫などの民間の預金取扱金融機関などです。たいていのケースでは、家の契約をするときに、業者が提携している金融機関をあっせんしてもらう人が多いでしょう。最近ではネット専業銀行でもローンの取り扱いもあり、店舗を持つ銀行よりも低金利で借りられる魅力があります。自分にあった住宅ローンを選ぶための予備知識を仕入れておけば安心です。

金融機関を選ぶ際のポイント

まずは知名度の高いメガバンクに相談してみよう、と考える人も多いかも?

しかし一旦申し込むと、長期に渡って支払いを重ねる相手になるわけですから、以下のポイントに留意しながら、慎重に選択する必要があります。

  • 金利は低いか
  • 保証料/手数料は低いか
  • 審査は迅速か
  • 相談できる体制が整っているか
  • 住宅ローンの付帯保険は充実しているか

なお勤務先に提携金融機関があれば、金利優遇や保証料の免除が受けられることもあるので、まず確認してみましょう。

住宅ローンの金利の基礎知識

ローンを組むときには、金利がかかります。融資には大別して、以下の2種類があることを知っておきましょう。

  • 固定金利型
  • 支払いの全期間で、一定の利息額が加算されるタイプ。長期に渡るプランが立てやすく、また低金利時に契約すれば、支出を抑えられる。

  • 変動金利型
  • 借入時の金利が、固定金利型より低く設定されているのが魅力。低金利が続く場合は返済額も減少する。しかし、将来的な返済額の変動は予測できない。

金利が高いときは変動金利、金利が低いときには固定金利型を選ぶのが、手堅い選択です。現在は、これまでにないほどの低金利が続いていますので家を買うつもりがある人は固定金利がいいかもしれません。

支払いが滞ると、せっかく手に入れた住宅を任意売却などで手放さざるを得なくなります。じっくり検討を重ね、きちんとした返済計画を練るように努力していきたいものですね。

明石市の住宅支援助成金制度

明石市には新築住宅の助成金制度があります。耐震性の低い住宅を建てる場合には、定額の100万円が助成されます。まずは、役所で詳しく確認してみてくださいね。